崩れたホルモンバランスを整えて、薄毛を改善していくことが大切です。

MENU

加齢・ホルモンバランス

一昔前までは薄毛で悩む人と言えば男性をイメージすることが多かったように思いますが、今では女性でも薄毛で悩む人が増えてきており、その対策や治療法についても男女を問わず多くの人が関心を寄せるようになってきています。

 

中年期の女性

女性の薄毛については主に「30代後半~40代」の中年期を迎えた女性に多く見られ、その薄毛も頭頂部を中心に頭髪全体が薄くなるという特徴を持っています。

 

一般的に、女性は年齢を重ねて中年期に差し掛かると女性ホルモンの分泌量が減少し、体にさまざまな不調が現れる「更年期障害」を発症する人が多く見受けられます。

 

その主な原因はホルモンバランスの変化だと言われており、女性ホルモンの分泌量が減少することによって更年期障害だけでなく「女性の薄毛」をも発症することも分かっています。

 

また、女性のホルモンバランスを崩す原因となるのは加齢だけというわけではなく、日々の生活の中で受ける「ストレス」も大きな要因となり得ます。

 

たとえば、仕事環境が変わったばかりの人や職場環境に問題を抱えている人、家庭内に問題を抱えている人などはストレスを蓄積しやすく、ホルモンバランスを崩しやすい環境がしっかり整っていると言えます。

 

また、そのような環境が長期間に渡って続くことで性ホルモンのバランスが乱れたままの状態が継続し、「薄毛」を発症したり抜け毛の量が増えたりするのです。

 

女性の薄毛はホルモンバランスの崩れが主な原因ですから、まずはその崩れたホルモンバランスを整えて正常化することで薄毛を改善していくことが大切です。

 

ホルモンバランスを整えるために必要なのは「十分な睡眠時間」や「栄養バランスの良い食生活」などが挙げられます。

 

逆に女性の薄毛を悪化させてしまうものとして「喫煙習慣」や「飲酒習慣」といった嗜好品に関する習慣が挙げられます。

 

また、日常生活の中で過度なストレスを溜めないように工夫することや、物事を楽観的に考えるように意識する事も大切です。