髪の毛を束ねると、頭皮に強い負担を掛け、ストレスを与えることになります。

MENU

牽引性脱毛症

ポニーテールやお団子ヘア

 

女性に多いヘアスタイルとして、後ろで髪の毛をまとめて縛る
ポニーテール」や「お団子ヘア」がよく知られています。

 

ですが、これらの髪型を長く続けることによって発症する
牽引性脱毛症」で悩む女性が近年になって増加傾向にあります。

 

ポニーテールやお団子ヘアなどの髪型は長い髪の毛をまとめてスッキリさせるのに最適なヘアスタイルですが、毎日のように同じヘアスタイルで過ごしていると頭皮に過度なストレスを与えることに繋がるだけでなく、脱毛症を引き起こしてしまう可能性があるのです。

 

長時間に渡って髪の毛が強い力で引っ張られることで発症する「牽引性脱毛症」は、頭皮が引っ張られる事で負荷が掛かり易い髪の毛の生え際や分け目の毛髪が細くなったり、切れ易くなることでその症状が目立ち始めます。

 

細く切れ易い状態になってしまった髪の毛は頭皮を露出させ、地肌が透けて見えやすい状況を作り上げてしまいます。髪の毛を束ねるということは頭皮に強い負担を掛け、ストレスを与えることになるので注意が必要です。

 

牽引性脱毛症は他の脱毛症とは違い、外因性の症状なのでしっかりとした対策や処置を行うことで確実に症状を軽減したり、予防することが可能です。

 

牽引性脱毛症を予防する為の具体的な方法としては、

  • 「毎日同じ髪型を続けないように心掛ける」
  • 「頭皮への負荷を避けるために結び目を変えたり位置をずらすように心掛ける」
  • 「髪の毛の分け目を意識的に変えるように心掛ける」

などが挙げられます。

 

牽引性脱毛症は主に頭皮へのダメージや負担が原因で発症するので、髪の毛をかき上げたり触ったりする等のクセを持つ人も要注意です。

 

また、牽引性脱毛症にならない為には髪の毛をまとめて縛るヘアスタイルにする場合は一日に何度も結び目を変えたり、位置をずらしたりする等の工夫が大切です。

 

また、過度なブラッシングも頭皮へのダメージの原因となり得るので、ブラッシングは一日に一回程度に抑えてあまり長時間は行わないように心掛けることが大切です。