「円形脱毛症」に発展することもあるので、産後のストレス管理はしっかりと行うことが大切です。

MENU

分娩後脱毛症

少子高齢化が叫ばれる現代でも、出産を強く望む女性は数多く見受けられます。

 

女性にとって出産とは日常では得難い重要な体験であり、体調や体質の変化を乗り越えることでようやく迎えることが出来る「ゴール」のようなものです。

 

女性が妊娠すると、ホルモンバランスが変化することでさまざまな体調の変化や体質の変化を実感することになります。

 

その影響で食事の好みが変わったり便秘体質になったり、酷い場合は抜け毛を発症する事もあるのです。妊娠中は女性ホルモンの働きが増加することでヘアサイクルが一時的に変化し、出産後に抜け毛や薄毛の症状を発症することがあります。

 

妊婦

この症状を「分娩後脱毛症」を呼びますが、主な原因はホルモンバランスの乱れなので、時間を置くことで改善に向かう場合がほとんどです。

 

分娩後脱毛症を発症するメカニズムは、妊娠中に髪の毛へ行き届く筈だった栄養がお腹の子供に取られ、妊娠後期にはさらに髪の毛の健康を保つ役割を担っていた「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンが不足して、一気に「休止期」へと入ることで引き起こされます。

 

出産後に分娩後脱毛症を発症して驚く女性は多いですが、
ほとんどの場合は出産後6ヶ月~1年程度で症状は落ち着きます。

 

つまり、たとえ出産後に分娩後脱毛症を発症したとしても、授乳を終える頃には大抵の場合で症状が自然回復している場合がほとんどなので、分娩後脱毛症に関してはあまり心配する必要はないと言えます。

 

ただし、その回復スピードには個人差があるので、中には1年以上経っても分娩後脱毛症が回復しなかったり、高齢出産を経験した人は体力の回復が追いつかずに脱毛症が完治しない場合もあるので注意が必要です。

 

また、出産後はメンタル面が不安定になってしまう女性も多いですが、余計なストレスを溜めてしまうと分娩後脱毛症から「円形脱毛症」に発展してしまうケースもあるので注意が必要です。

 

こうしたケースを予防する為にも、産後のストレス管理はしっかりと行うことが大切です。