日頃から生活習慣を正しながらストレスを溜めない生活を心掛けることが大切です。

MENU

生活仕事環境(睡眠時間、栄養バランス、ストレス)

女性の社会進出が活発になり、男女平等の社会が構築されてきた現代では女性の「生活環境」にもさまざまな変化が現れてきており、それに伴う「生活習慣病」を発症する女性も多くいるようです。

 

一昔前までは男性が発症することの多かった生活習慣病も、現在では働く女性を中心に発症者が増加傾向にあります。

 

これはおそらく女性が男性と同等かそれ以上の社会的地位を持ったことで生活環境が変化し、それに伴う「体質の変化」が主な原因だと考えられています。

 

そんな中、一昔前までは男性特有の症状というイメージのあった「薄毛」についても、社会進出を果たした女性を中心に発症者が相次いでいます。

ビジネスウーマン

 

こうした社会進出を果たした女性が発症する薄毛の原因としては、「仕事中心の生活によるストレス」や「不規則な生活習慣」などが考えられます。

 

一般的な女性の薄毛は加齢と共にホルモンバランスが崩れ、女性ホルモンの分泌量が減少することで引き起こされると言われています。

 

しかし、若い世代の働く女性が発症する薄毛については、職場環境からくるストレスや不規則な生活習慣が主な原因と考えられているので、一般的な女性の薄毛とは対策や対処法も異なってきます。

 

働く女性にとって生活習慣が不規則になってしまうのは仕方の無いことかもしれませんが、
薄毛を発症してからでは治療に時間が掛かってしまいます。

 

そのため、日頃から生活習慣を正しながらストレスを溜めない生活を心掛けることが効果的な薄毛予防につながります。

 

また、ストレスや生活習慣が原因で発症する薄毛は、その原因となっているストレスを取り除いたり、生活環境を見直すことで症状を軽減することが可能です。

 

こうした女性の薄毛に対しては、ストレスを溜めずに規則正しい生活を送るだけでなく、「睡眠時間をたっぷりと取ること」や「栄養バランスの優れた食生活を心掛けること」が非常に重要です。

 

働く女性には自分の時間を多く持てない人も多いかと思いますが、薄毛を改善したいのであれば多忙の中でも少しずつ自身の生活習慣を見直していく努力が大切です。